アメリカ不動産投資ならアンシンできる|注目の利回り

男性

不動産投資で資産運用する

相談

賃貸マンションを建てる

もともと持っていた土地に賃貸マンションを建てたり、亡くなった親が持っていた賃貸マンションを相続したりして、大家業を営むようになる人がたくさんいます。不動産投資の方法としては、更地のまま誰かに貸す、駐車場を作る、貸ビルを建てる、賃貸マンションを建てるなどの方法をあげることができます。税金の問題や収支バランスを考慮すると、一般の人が一番手を出しやすいのが賃貸マンション経営です。ただし、自分の賃貸マンションに入居してくれる人が必ずいるという保証はどこにもありません。また、入居者に家賃を滞納されてしまうおそれもあります。賃貸マンション経営に必ずついて回るのが、空室や家賃滞納にどう対処するかという問題です。それを一気に解決してくれるのが、一括借り上げというシステムです。一括借り上げは、不動産会社がマンションを一括で借り上げて、空室や家賃滞納の有無に関係なく、毎月一定の賃料をオーナーに支払ってくれるシステムです。収支変動リスクが解消されるため、多くのオーナーが一括借り上げシステムを利用しています。

賢く利用するコツ

一括借り上げシステムを利用すれば、入居者探しや建物管理などの煩わしい業務全てを不動産会社に任せてしまうことができます。オーナーの契約相手は不動産会社であり、実際にそのマンションに住んでいる人と直接的な契約関係に立つことはありません。入居者の家賃滞納や空室で損害を受けるのはあくまでも不動産会社ですから、オーナーはとても気楽です。とはいえ、そういうリスクが考慮された賃料設定になっていますので、黙っていても入居希望者が殺到するような人気エリアに建つマンションの場合は損をしてしまう可能性が高くなります。したがって、多少収入額が減少しても賃貸マンション経営の負担を軽くしたいと望んでいる場合にのみ一括借り上げを利用するのが賢明です。また、契約当初の保証家賃がずっと維持されるわけではないことも覚えておく必要があります。多くの場合、数年おきに契約賃料の見直しが行われます。契約更新時期については契約書に明記されているはずですから、事前にしっかりと確認しておくことが大切です。