アメリカ不動産投資ならアンシンできる|注目の利回り

男性

管理会社との連携

貯金箱

入居者の管理をお任せ

家賃保証とは、不動産などの管理会社に入居者の家賃支払いなどを管理してもらう仕組みのことを指します。万が一、部屋を借りている人が家賃を滞納してしまった場合でも家賃収入を大家さんへ立て替えて支払ってくれるというのが特徴です。このため、親や知人などに連帯保証人を頼む手間が省けるというのもメリットになります。また、従来までは入居者と相談したうえで家賃支払いなどを行う場合がほとんどでした。しかし、家賃保証制度を利用することによってすべて管理会社が代行して行うのでわざわざ入居者と顔を合わせる手間が省けるという特徴もあります。最近では、個人経営の方だけでなく不動産業を営む会社も家賃保証制度を利用して作業の効率化を図っています。

社会的背景を理解して

不動産経営を行うに当たっては、やはり貸す部屋が満室であったり家賃がきちんと支払われないと家賃収入の増額は見込めません。家賃保証制度を利用することは作業の効率化につながり、収益を上げる要因にもなります。連帯保証人制度は高齢者や外国人の場合では用意することが難しいというのが現状です。近年の急速な高齢化によって家賃保証制度は徐々に多くなっています。高齢者ともなると周りに家族や親しい知人がすでに亡くなっているというケースが多く、また外国人では信用に欠けるところがあるというのが本音です。こうした方々を取りこむためにも家賃保証制度を利用して積極的に入居者の確保をすることが大切です。家賃収入は確実に増えるため、大家にとっては大きなメリットがあります。