アメリカ不動産投資ならアンシンできる|注目の利回り

婦人

上手に使う

説明

賃貸経営をしているとどうしても空室が心配になるものですが、そんな時はサブリースをしておくと安心です。最近ではインターネットサイトでも紹介されているため見ておくと便利ですし、しばらく留守にするなどといった時でも、利用できるのでおすすめです。

Read

不動産投資で資産運用する

相談

不動産投資の代表格ともいえるのが、賃貸マンション経営です。大家業を営んだ経験を全く有していない人でも、不動産会社のマンション一括借り上げサービスを利用すれば、毎月一定額の家賃収入を確実に得られるようになります。

Read

アメリカの不動産が便利

グラフ

日本の物件のデメリット

物件を購入して転がすのを不動産投資といいます。これは建物に付いている減価償却を利用して所得税をお得に出来るメリットがあるのです。日本の物件購入を考えている人もいるでしょう。しかしこれはあまりいい手段とは言えないのです。それはなぜかというと日本の不動産物件は耐用年数が決まっています。これはどんなことをしてもリセットできないので中古物件を購入しても減価償却できる期間は限られているのです。そこでこういう時はアメリカ不動産投資がオススメといえます。アメリカ不動産投資のメリットは耐用年数のリセットができるのです。定期的なリフォームをすることで耐用年数をリセットできる特徴があります。これをうまく利用すれば所持している間常に減価償却可能です。

利回りが高く人気

物件には利回りが付いていてこれは年間どれくらいの収益になるかぱっと見て把握できます。利回りが多い物件は当然収益も高くなるのです。近年の日本不動産では利回りが10%以下のところが殆どになります。人気の地区であれば利回りは6%くらいと従来までに比べるとかなり低くなっているのです。しかしアメリカ不動産投資はかなりの高利回りを誇っています。利回り20%以上もザラなので大きな収入を期待して購入できるのです。経済の成長率もかなり高く人口も多いため常に進化していく可能性があります。これからのことも考えるとアメリカ不動産投資はオススメの投資になるのです。儲けも出来るうえに節税対策にもなるので検討してみるといいでしょう。

管理会社との連携

貯金箱

家賃保証制度は、従来までとは違い管理会社に家賃改修などを委託することで家賃滞納のリスクをなくすという特徴があります。近年の高齢化に伴ってこの制度を利用している人が増えています。こうした方々を積極的に入居させて家賃収入をより確実にすることが大切です。

Read